子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

フォンローゼン

股関節脱臼定期検診とセカンドシューズ(1歳7ヶ月)

半年に1回ほどに頻度が落ちた定期検診へ向かいました。 本来ならば来月予定だったが、来月行ける自信がなかったのと、娘の歩き方で気になった部分があったので早めに行ってみることにした。保育園終わりの大荷物に娘を抱えて向かうのは骨が折れた。 因みに今…

たっちとあんよっていつ?

娘は1歳1ヶ月、まだたっちもあんよもしない。 知り合いの1歳前後の赤ちゃんはほとんどあんよが出来て、お靴をはいてがんがん散歩へいったりしているのを見たり、聞いたりしてしまうと、「さて、うちの子はいつ立つのだろうか」と思わず、娘に期待をしてし…

フォンローゼン装着が決まったお母さんへ

シンプルにまとめようまとめようと思いつつ、先延ばしになっていたので時間が取れた隙に書いてしまおうと思う。 ↓フォンローゼン装着直後の娘。病院でまた付けるときのガイドラインにって写真を撮らせて貰った。 フォンローゼン装着になったお母さんの多くは…

治療用装具の保険給付金の申請の流れ

娘のフォンローゼンの保険給付金の申請は色々と大変だった。生後間もない時に次々と装具の装着やら何やらあったのでもう何がなんだかわからなくなっていたのだ。装具装着中は精神的に不安定だったので毎日を過ごすだけで精一杯だったのだ。 そうして落ち着い…

娘の先天性股関節脱臼の経過の説明。

そもそもブログを書こうと思ったきっかけは娘の先天性股関節脱臼、そしてそれの治療用装具フォンローゼンと出会ったことだった。装着すると決まってから、フォンローゼンについて調べても全然出てこなくって途方に暮れた経験が主になっている。 娘が先天性股…

生後5ヶ月、股関節脱臼の診察へ行く

半月ぶりの整形外科、前回事故的に斜頸で整形外科へ行ったのであまり間が開かなかった。 相変わらず小児整形の日のために赤ちゃんが多く、3ヶ月前後の赤ちゃんばかりだが、やはり小柄な娘は顔だけやけにしっかりして見えたらしく、「ずいぶん小さいのにしっ…

頑張るのはお母さんですから

装具をつけて毎日のように整形外科に通っていた時に「頑張るのはお母さんですから」と言われたことが忘れられない。生後4週間で装具をつけて、泣く子どもをあやしながら看護師は私の目をじっと見つめていったのだ。私はそれに対してマヌケな声で「はぁい、…

フォンローゼン装具の上下がわからない

先天性股関節脱臼装具着用から2週間目、お風呂の許可が出た。 蒸しタオルで体を拭くのと、おしりを流すぐらいしかできなかった。太ももを含めて整復した足は腫れているので膝の裏には垢が溜まって臭う。(本当なら綺麗に洗えば取れるのだろうが脱臼をしてい…

フォンローゼン装着の日々

新生児用の股関節脱臼の装具は赤ちゃんあるべき姿勢に正すのが目的だと言われた。名前をフォンローゼンという。フォンローゼンはカエルのようなポーズで固定する装具だ。 治療の流れとしては、娘の場合はフォンローゼンで固定をして、股関節がはまらなかった…

股関節脱臼装具着用での生活

生後2週間 初診から一週間後、病院へ行く前日に装具屋さんから電話がかかってきた。装具の値段が5万弱し、現金払いのみのため、現金の準備をしておく必要があると言われる。 保険証があれば、保険組合に7割、残りの3割を乳幼児医療保障より後々返ってくる…