読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

マタニティウェアの罠

妊娠、安定期つまりは妊娠5ヶ月頃を超えるとお腹がグングンと大きくなってくる。また、つわりも落ち着くことが多いので出かけたくもなってくる。そこで直面するのが衣服問題だ。私は仕事もしていたので仕事着になるものも必要だった。

 

さぁ、マタニティウェア、マタニティ下着買いますか?

 

参考までに、私は身長163センチの腹囲は妊娠前は70ほど、妊娠5ヶ月の頃にはすでに腹囲80に近づいていた。最終的には腹囲90を超えた。体重はプラス12キロほど、病院に行く度に体重で怒られる。比較的お腹の大きな妊婦だった。

 

結論としてはマタニティウェア、特にトップスは必要ない。

マタニティウェアのトップスはびっくりするぐらい大きい、ごみ袋に頭と手が通る場所をつけたみたいな大きさだ。妊婦っていうだけでずでーんとしているのに更に大きく見える。何より着たいと思うものがない。

マタニティ用下着も必要ない。

だって可愛くない。今までの下着に腹巻きあるいは腹帯で十分。胸が苦しいならば安いノンワイヤーブラジャー、あるいは産後も使えるノンワイヤーの授乳ブラをがいいと思う。私はウンナナクールのセールでノンワイヤーブラジャーを買い込んだ。

マタニティウェアのボトムスについてはパンツ派の人は1本はあってもいい…かも。

ただその時には試着できること。試着できない通販で買った知り合いは生地が薄く、下着が透けるという事件が起きた。

夏はもともと持っていたマキシワンピース、冬はマタニティタイツを購入してAラインのワンピースとシャツワンピースやら3種類ぐらいをヘビロテ。ストレッチパンツをゴムで止めて無理やり履いたり、GUのデニムレギンスパンツを履いた。これは産後の体型が戻らない時も使える。

 

現在、産後3ヶ月だが、体重も体型もほぼ元通りになったため、妊娠中と産後1ヶ月お世話になったのびのびのGUのパンツには感謝の言葉を述べて、リサイクルボックスへと突っ込んでこようと思う。