読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

育児参考書、時間を見て本を読む。

 今週のお題「最近おもしろかった本」

わが子がぐっすり眠れる魔法のスイッチ

わが子がぐっすり眠れる魔法のスイッチ

 

 

なるほどねーと思うことが多く、寝かしつけ参考書としてはなかなか上出来。

赤ちゃんの寝かしつけってだれでも一度は引っかかると思う。比較的よく寝るおとなしい我が子でさえ、すんなりは寝てくれず…ぐずる。でも今後のために生活リズムは付けたい。そんな時に図書館で出会ったのがこの本。

ざっくりとした月齢別に寝かしつけのポイントが書いてあり、それの全部を取り入れる必要はないと書いてある。まぁどれかが子どもに引っかかるだろうというざっくりとした心の広い感じも好き。こういった育児本ってなんとかすべき!と言い放っているのが多く、強制される気持ちになって嫌になって読み進めたくないのが多かった中、すんなり読める。これを読んで参考に寝かしつけに取り組んだところ、結構勝手に寝るようになる。赤ちゃんの眠りのスイッチを入れることに成功したのだ。

妊婦時代から子育て関係の本を買うのって無駄だなーと思っていたので妊婦のマイナートラブル解消本を含め、図書館で借りてくることがほとんど。琴線に触れたら改めて買う。これは買う価値が有るかもしれない。