読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

顔は分かるが誰だか思い出せない。

幼い時から人の顔と名前を覚えるのがとても苦手だった。

人の顔だけではなく、漢字を覚えるのも苦手で他の勉強は普通にできるのに漢字テストをやらせると10点しか取れなかったりして先生に引かれた記憶がある。九九も2の段がなかなか覚えられなくって夕暮れ時の教室で一人残されて泣きながら暗唱した記憶がある。

 

そういうこともあり、未だに人の名前を顔はなかなか覚えられないのだが、ふらふらとどこかに出掛けるのは好きなので(児童館、子育てサークル、育児支援センター、一時預かりなどなど)その辺を歩いていると声をかけられる。しかもこっちは今年の夏の外出はガウチョパンツにTシャツと決めているので格好も似通った格好なので覚えられやすい。もしかしたら私がまだ20代なのも覚えられやすい理由なのかもしれない。

 

今日だって初めて行った児童館で顔は見たことあるけれど誰だかわからない人に話しかけられて結局名前がわからないまま「またどこかであったらよろしくお願いしますね!」って言って別れた。恐らく会社関係なのだが、社内でも喋ったことのない人だろう…。向こうも娘があまりにも夫に似ていたから分かったらしい。その人の娘の名前は話の中で呼ぶので分かったが、苗字がわからない。大変申し訳無いが、あなたは誰ですか…って困惑しながら話していたことを許して欲しい。この間、遠くからこんにちは~って話しかけてきた人もどこであった人かわからなかった。不思議なことに向こうは私の名前を知っているのだ。

こういう名前がわからない時にスムーズに名前を聞き出す方法ってないのだろうか。頑張って覚えるということは私には困難なので上手に相手が不快に思わないように覚えていないことを伝えたい。

 

因みに私のような人間にとって子どもが集まる場所に名札がついていたりすると安心する。育児支援センターはいい。子どもがフルネームの名札をつけているので混乱することがない。育児サークルは子供の名前だけでことを済ますので覚えなくていいのが楽。ここも名札ありだ。

この先、娘のことで接する人が増えると思うと、少し気が重い。