読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

離乳食の不思議。

6ヶ月半ば頃から2回食を始めた。

それにあたって食材をぼちぼち追加していくべきだと思い、離乳食メニューの本を読んだり、調べたり、周囲に聞いたりしたが、どう考えても食べたくない物がある。

そんなびっくり離乳食。

  • しらすバナナ
  • バナナほうれんそう
  • しらすほうれんそう

食べさせたら「おえっ」ってなってたよー。って笑顔で言われたけれど、私そんなの出されたら「おえっ」ってするだろうなぁ…。特にしらすバナナの味を想像したらもうなんだか気持ち悪くなった。バナナほうれんそうはスムージーみたいになるのかなぁと思いつつ…、初期だから火を入れることを想像して「うっ…」しらすがゆも私の中ではグレーゾーン…塩が使えない離乳食初期にしらすの臭みとお米のマリアージュ…うーん…、だしでなんとかなるかなぁ…。

私のモットーとして、自分が食べたくない組み合わせの食材、食べれない味はあげたくない。それが逆に私の離乳食作りの首を絞めているのかもしれない。

 

そしてここに来て夫に食物アレルギーがあったことが発覚…元々かなり注意してあげていたのでアレルギー強めの食材は与えていないが、更に気軽にあげれない。もうこのもやもやを晴らすために娘のアレルギー検査へ行くべきか否か悩んでいるところである。

広告を非表示にする