子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

産後ダイエットをしようとしたら、する前に元に戻った。

産後ダイエット、子どもを産んだ後、一度は考えるだろう。

私も産んだ翌日にぼーんと出たお腹を見て思わず考え込んだ。何しろ妊娠中に15㎏ほど増加し、産んだ翌日には純粋に子どもの分、3㎏しか減っていなかったのだから。

 

身長163㎝体重46㎏、つわりで3㎏減って43㎏から妊娠中の体重管理は始まった。痩せ型体型だが、骨が細いのと筋肉量が少ないのでベスト体重は48㎏ぐらいだ。産院は体重に厳しいことが有名だった。妊娠初期に私の元の体重と体格を見て大体+9㎏ぐらいに抑えておきましょうと言った。

しかし、つわりが治まったら食生活は妊娠前と変わらないのに体重が増える増える…あっと言う間に7ヶ月で+7㎏になってしまう。毎回の検診に体重を少しでも減らそうと薄い服を着て行っていた。

その頃にはおやつはドライフルーツとナッツを小分けにしたものをタッパーに入れ、会社へ持って行ったり、黒糖をかじったりしていた。しかしそんなちょっとした抵抗なんて無駄だ!というがごとく体重の増加は止まらない。

そして、休職になったところでおやつを寒天やおからメインにするも特に何も変わらず。あまり動いてはいけないと言われたので運動不足にも陥った。食物繊維の摂取を増やすも少し便通が良くなったぐらいで順調に体重は増えていく。このまま私は肉達磨になるのかと思ったほどだった。

そして臨月、もう増えることに抗うのを諦めた。臨月だからいつ産んでもいい。よって運動も解禁、一日1時間~2時間の散歩と50回のスクワットをしたらお腹が空く。だからおやつもガマンしないでモリモリ食べた。体重計に乗るのをやめた。そしたら60㎏が見えてきて少しヤバイなぁと思っていたら陣痛が来て産んだ始末。

産後、入院中はびっくりするぐらい体重が減らなかった。浮腫がある人は産んで浮腫みが取れ、体重が減るらしいがそこまで浮腫まなかった私はほとんどがお腹を支えるための体の栄養になっていたのだと思う。

産後2週間は少し母が手伝ってくれていたが、動かないと母がいなくなった時に動けなくなるということで少しづつ買い物に出たり、掃除機を掛けたり、トイレ掃除をしたりしていた。3週間目に母が帰ったので本格的に家事を開始。

するとゆっくりと体重が落ち始めてくる。母乳で栄養分を吸い取られていたのだろう。しかし、3ヶ月経つとあと一息というところで体重が停滞。50㎏でウロウロし始めたのだ。体が運動量に慣れてしまったのだ。というわけで走るとがたがたしていた骨盤矯正を整骨院にお願いすると次の日から体重が落ちまくるという奇跡。なんて簡単な体なのだろう。

そして、産後6ヶ月の今は、産前の46㎏を割り始めている。

調子に乗って娘と一緒にこども館やら育児支援センターやら育児サークルに朝から行っているせいだ。暑いからという理由で競歩並みのスピートで疾走しているからちょっとしたジョギングになっている。

早く体重を増やさないと冬を越せない。