読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

育児日記をつけているんだけれどやっぱりアナログが好き

育児 生活

私は未だに、育児日記をちまちま書いているのだ。

ak0yk.hatenadiary.jp

 

私が生後6ヶ月まで書いていた育児日記はこれ。

これはバーチカルタイプで始まった日からどんどん書けるし、24時間分記録できるので便利だった。何かコメントは下にちょこっと書いて、やらなければいけないことは余白欄にどんどん書いていき、娘と一緒に移動していた。

 これに合わせて育児用のスタンプを購入してぺたぺたと、うんちとおむつ、授乳とお風呂の4種類を購入した。可愛くないとテンションが上がらないのでかわいいスタンプを一生懸命さがした。

育児日記用ミニスタンプ うんち

ねんねのじかんだったり、えんえん泣いていた時にはマイルドライナーでぺって線を引いて記録していた。

マイルドライナー 細字/太字【マイルドグレー】 WKT7-MGR

6ヶ月を過ぎた頃にはこのバーチカルタイプのものが無くなったのと、授乳間隔や回数ではなく、離乳食の記録をする必要が出たので今度はマンスリータイプを購入した。

 

 1月につき2枚利用し、1枚めは離乳食のメニューやあげた食材の量を記録し、2枚めには離乳食をあげた時間や食付き等を記録しておくことにした。開いている余白には次にあげたい食材や、メニューを考える欄にしておいている。

基本はボールペン。新しい食材を与えた日にはマイルドライナーでチェックをしている。

でも基本はずぼら、適当に書いているし、書けない日があってもそれはそれでいいことにしている。

もう少ししたら、3回食になり、この記録も書ききれなくなるかもしれないと思いつつ、騙し騙し書いている。2枚でダメだったら、3枚に増やそうかと思う。

 

最後に、一般的な育児日記を使わなかった理由が私のずぼらに現れている。育児日記って世の中に言われているものは初めての何とか記念日をひたすら書く欄があり、そこが全くの空白になることが予測できたからである。

…書く欄多すぎるよねー…。