読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

子ども部屋を考える

育児

シルバニアファミリー 家具 勉強机セット カ-309

子ども部屋の考え方に関しては私と夫は全くの正反対の意見を持っている。

夫は兄弟、私は姉妹だったのでお互いに自分の部屋はなかったのだが、夫は娘に自分の部屋を与えたいと思っていて、私は自分の部屋は必要ないと考えている。

娘がそんな幼いうちから色々考えて…と思うかもしれないが、これは今後の家の計画にも関わってくる重要な事である。計画通りには行かないとは思うが、ある程度娘の意思ができるまでには夫婦の子供部屋への認識は揃えておくべきだと思っている。(何より小学校入学の前にうっかり義両親が机とか買ってきたらたまらない)

 

夫は小学生ぐらいのうちから勉強部屋という名前の自分の部屋と自分の机をもたせるべきだと散々言う。しかし、私が自身を振り返ってみると小学生の頃、机の上で勉強したことなど無いのだ。宿題も、家庭学習も全部ダイニングテーブルで母に見てもらい、飽きたらおやつを出してもらったりしてやっていた。

夫はそれを言うと、たしかにそうだけれど、自分の部屋がなくて嫌だったことを出してくる。子供時代に自分の部屋に憧れたことはあった。テレビがあって、ベッドがあって、テンプレ通りの学習机があるあの光景。でもそれってよっぽど意志が強い人じゃないかぎり、勉強しようとしたら寝るよね…。ほらのび太くんってよく昼寝してるじゃない?

 

私の実家では自分一人の部屋はなかったが、私が小学校高学年になった頃、家族の作業部屋と私と妹の寝室が出来た。

作業部屋は母のミシンと、私と妹の机、そして父の趣味の本が置いてあり、おもちゃは除外した勉強道具の部屋だった。寝室にはおもちゃや漫画を置き、おもちゃや漫画は持ち込み禁止にされた。今の娘の部屋に対しての認識のすり合わせにもこういった自分の育ち方が色濃く反映されているのは間違いないと思う。

自分の寝室は必要かもしれないが、それが勉強部屋である必要は全く無い。この意見は夫に通るだろうか…。

 

そして3歳まではリビングの併設する和室がおもちゃ部屋になる予定だ。現在、家具等をちまちま揃えている最中だ。