読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

ベビーサイン進歩状況(8ヶ月)

気が向いた時になんとなく、続けてきたベビーサイン

意味を理解はしているようで徐々に場所に応じて出てくるようになった。

ak0yk.hatenadiary.jp

 実は先日、ベビーサインの体験講座に参加をした。何となく自己流でやってきたことをおさらいしようと思ったのだ。その中でベビーサインは一人でやると煮詰まると言われ、煮詰まるというより、リアクションがないと、飽きるなーと飽きてきていた私は思った。

ベビーサインが一番ハマる月齢は9~10ヶ月頃らしい、10ヶ月頃を過ぎるとサインを一回で覚える子も出てくるので意思疎通には使いやすくなるとのことだ。そして、ベビーサインをさせたいのならば、妊娠中から勉強するのもありだとその講師はいっていた。妊娠中にサインを覚えてクセづけておくといいというが、私だったらできないな…、めんどくさくって。

そうして以前覚えさせようとしていた5つのベビーサイン

 

おっぱい 痛い オムツ ねんね 美味しい

ベビーサインを覚えさせてみた。 - 子育てとまったり暮らし

 

今、娘ができるのは「おっぱい」と「だっこ」だ。「オムツ」は練習中だが、最近気持ち悪くなると近寄ってくるのであと少しかもしれない。眠い時にも「ねんね」の動作のようなものをやっている時もあるのでもしかしたら私が気がついていないだけかもしれない。

 この語彙に合わせ、追加したのが下記の3つだ。

  • もっと
  • おしまい
  • 食べる

一番初めに選んだのは動作が可愛いからやってほしいという邪な理由が主だったが、今回は離乳食の進みが悪い娘にご飯を気持ちよく食べてもらおう、あるいは足りない時にも泣いたりもしないので伝えてもらおうと思ったからである。

上記の3つは初めて1週間だが、「食べる」サインをするとお腹が空いて泣いている時には黙るようになった。本人ができるようになるとお腹がすいた時にあげることができ、お腹が空きすぎて機嫌の悪い時に離乳食を与えることが無くなりそうだ。

 

図書館で借りた参考図書。

赤ちゃんとママのベビーサイン

赤ちゃんとママのベビーサイン

 

 

 

親子で楽しむベビーサイン 赤ちゃんとお手てで話そう

親子で楽しむベビーサイン 赤ちゃんとお手てで話そう