読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

生後8ヶ月、経過観察のため整形外科へ行く

 いつもの経過観察の通院である。

生後8ヶ月になり、待ち時間に問題が出てきた。動きたくて仕方がないのだ。人気の整形外科なので大体1回に2~3時間ぐらいはかかる。今回は涼しくもなってきていたので1時間ぐらい周囲を散歩しに行ってなんとか乗り切った。

 

前回の記録↓

ak0yk.hatenadiary.jp

 

 今回はハイハイを始めたことも有り、聞きたいことがあった。

  1. 斜頸で首をずっとかしげていてハイハイが変だけれど問題はないか
  2. 脱臼した方の足が特に内股だが、発達に異常はないのか

1についてはハイハイをするならば問題がない。そして斜頸の首は見てもらったんだが、おもいっきり泣いてしまい、筋肉が硬直してしまったので曲がるかどうかもよくわからなかった…。可動範囲は広がっているためにほぼほぼ問題はないとの見解。しかしもし曲がっていたとしても、1歳までは特に何かできることもないので注意深く経過観察をすることだけが必要。かつてはマッサージすることが勧められていたが、それもよろしくないそうだ。

そして2については、赤ちゃんは少なからず内股だそうで、私の印象だとかえるの足になっているのだからガニ股だと思っていたのだが違うそうだ…うーん…。夫が内股だから遺伝なのかもしれない。

今回はレントゲンも撮り、骨の生育も確認したが、ほとんど何があったのかわからない程度に成長しているそうだ。レントゲンの技師の方も「この子はなにかあったの?装具っこ?」と不思議そうに聞いてきた。

f:id:ak0yk:20150921080326j:plain

なんと最近になって足のシワが左右対称になってきている。でも太さは少し違うかも…?足の力はまだ弱いのでつかまり立ちが出来ない。

次の受診は春になったらで良いと言われ、少しホッとした。