読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

アロマ講座に行ってきました。

母がアロマを少し習っていたことも有り、実家にはアロマの本が色々あったので妊娠中もアロマの力を借りてた事が多かった。一回ぐらいまともに習おうかなぁと思い、児童館の小さな講座で導入を教わってきた。

講座というよりは簡単にアロマクリームと匂い袋を作るだけだったが、アロマオイルはいいものだったし、クリームは蜜蝋で作ったものだったのでかなり満足した。

妊娠中にはつわり、浮腫み対策にアロマの力を借りた。

本はこれ、立ち読みとかで試し読みしたけれどこれが一番使えてやりやすかったのでおすすめ。実はこの本、コウノドリの2話で小松さんが胎盤早期剥離の話を喫煙妊婦にしていたときに手元に持っていた本。

 妊娠後期は良いが、妊娠初期段階はアロマは子宮収縮効果がああるものもあるので注意した方がいい…ので本は必要!ネットの情報も参照したけれども、やはり本の方が良い。

アロマって普通に楽しむぐらいなら「自分が不快な匂いじゃない」っていうのが一番重要だと私は思う。

つわりの時期によくやってたのはスイートオレンジのアロマオイルをお湯を入れたティーカップに1滴垂らすこと。気持ち悪いのがかなりマシになった。私はこれにティートリーもプラスしたりしていた。

安定期の後、落ち着いてきたら、ホホバオイル大量に好きな香りのアロマオイルを1滴垂らして足のマッサージ。これをするとすご~くよく眠れたし、足のむくみが格段に減った。

妊娠後期、臨月頃はお腹が大きくって寝苦しいのでその頃にはラベンダー、枕元のコットンにラベンダーを垂らして寝るとよく眠れる。今も使えるし、疲れた時にこれで寝ると深く眠れる。(娘が泣き叫んで眠らない時に遠くの方でハンカチに垂らして匂わせると結構直ぐ寝てくれる傾向がある)

そして、風邪予防に、出掛けるときにハンカチにティートリーを1滴垂らして出掛ける。これは地味だけれど、かなりこれで風邪を引くのを防げた。0歳の娘の場合はよだれかけの後ろに半滴ぐらい垂らしておく。現在も夫が会社に行く前には垂らして出掛けている。殺菌効果があるのでのどがイガイガしてきたらティートリーを垂らした水でうがいをするのもあり、でもまずい。

そう、用途を見て分かるだろうけれど、私はそこまでアロマオイルは種類は持っていない。別に専門家でもなんでもないので使うものだけヘビロテ状態だ。

ラベンダー、ティートリー、スィートオレンジ、ペパーミント、マジョラムスイートのこれだけだ。主に、ニールズヤード・レメディーズ(https://www.nealsyard.co.jp/)で購入する。生活の木でもいいかな…?

しかし、今回講座に行って色々と匂ってきた結果、サイプレスも結構好きな臭いだなーと思ったので今度はサイプレスも買おうかなぁと考えている。

もっとこういう勉強しとけばよかったなぁ…。