読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

仕事をする時間が足りないと思うことが多くて

家庭との両立に自信がなかったので9-16の6時間勤務なのだが、6時間勤務だと仕事をする時間としては不十分だと復帰して1ヶ月、とても強く感じる。こういうのにも徐々に慣れてくるのであろうか。

 

職場の方々は(実際はどう思っているのかは知らないけれど)子どもが待っているんだから早く帰らないとと行ってくれるが、じっくりと一つのことを考えてPDCAを回すにはもう少しだけ時間が欲しいと思う。短い時間で出来るだけのパフォーマンスをしたい。けれどもしたいだけで現状はスキルが全く追いついていない。現状としては今までを思い出すのにひどく時間を割いてしまっている。

 

だからといって家に帰って、いまブログを書いたりしている時間に、仕事ができるかというと、仕事の特性上出来なく、正直もどかしい思いばかりしている。世の中のワーキングマザーは一体どうやってこのもどかしい思いを解消しているのだろうと思うのだが、総じてワーキングマザーは忙しそうである。

 

きっと今の私に求められていることは、出勤前に適度に家事をこなし、業務時間内に出来る限りの仕事をして、娘を迎えに行くというシンプルなことだけ。

 

もう少しできるようになりたいなぁと…、ちょっとずつ向上心を持ち始めよう。