子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

お久しぶりです。と、子どもの怒り。

熊本地震のジタバタで引っ越したり、住宅修理関連のことで揉めたりしながら過ごしていたらあっという間に1ヶ月…、無事に職場復帰も果たし、忙しい日々を過ごしております。

私はストレスで朝になると蕁麻疹が出るようになってしまい、皮膚科に通う日々。蕁麻疹って中々良くならないのですね…。

 

このひと月の間に娘は「怒り」を覚え、少しでも気に入らないことがあるとひっくり返って怒ってみたりするようになった。自己主張も強くなり、ますます人間のよう。すっかり赤ちゃんから子どもに進化している。

おぼつかなかった歩様はしっかりし、少し走るような動作までみられ、さよならのときはハイタッチしてバイバイをする。保育園って刺激の塊なのだな……。

 

さて、娘が怒るようになったのだが、だいたい怒るときにはパターンがある。今、娘が主に怒るのはつまらなくなったり、構ってくれないときが多く、割と常に遊んでくれることを期待している感がある。他には食事が思い通りに行かず、暑かったり、スプーンで上手に食べれないと焦れる。

そんな娘は自分での食事を絶賛練習中であり、スパルタの保育園の先生たちのおかげで7~8割がた自分で食べれるようになった。スプーンで上手に掬って食べる。これは基の短い私が一人で教えてたらもっと時間が掛かったと思う。気に入らなくなるとひっくり返したりしてくれるが、まぁ、許容範囲であろう。まぁ、二人でならばご飯をあげるのもあまり苦にはならないので、ゆっくり気長に娘の食事に付き合っている。(しかし、1時間かかるときには流石に疲れる)

しかし、保育園は本当にありがたい場所であり、保育園と協力して子育てをしていると言っても過言ではないだろう。