読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

うちのパパを無理やり育児に参加させる方法

何事にも向き不向きは少なからずあるもので、それを見極めていかなければいけないとはずっと考えていた。子どもが出来、育休を1年過ごしている間は暇さえあれば、夫と一緒に仕事を継続しながら家を保つ方法を考えていた。1日のやらなければならないこと、とりあえずは必要最低限を夫と分けながらやっていこうと思った。

そしてまずは、それを夫へと伝える。仕事復帰したらやってほしいことをできるだけ具体的に述べて、なんでやってほしいのかも伝えた。

 

今現在、夫は朝ムスメに起こされて、食事介助、着替えの手伝いをする。

週に1~2回は保育園のノートを書き、迎えは出来ないので送りは毎朝。

週末はオムツ替え、食事介助、着替え、お風呂、ムスメの世話はほぼすべて行う。

 

毎日10時前後に帰ってくる夫としては十分なのではないかと思う。本当はそれに合わせて少しの家事をして欲しいと考えているのだが、彼にはなかなか難しいらしい。(最近では夜の洗濯をたまにしてくれるようになった。)

 

もちろん、私が育休から復帰した当初は、朝ムスメと同じ時間に起きることすら出来ず、保育園の送りも出来なかった。徐々に一つずつできることを増やしていき、任せて行く方法をとった。出来なくても責めずにそっとフォロー。ほとんど何も出来なかった夫が出来るようになったのには<あなたがやらんとできん>と私が頼ったからだと思う。更に、家族というのは皆で何とかしてやっていくものだと私は強く思うので家のことは妻(あるいは夫)に全部お任せ!というのはなんとも無責任のような気がするのだ。

しつこいと夫には思われているかもしれないが、私はこれからもきっと言い続けると思う。「同じ家族なのだから、協力して成り立たせるのは当然だし、育児も家事もするのが当然のこと。」出来ないことがあるのならば出来ることを増やして減らして欲しい。

今は時短で働いているが、今度あと1年ほどで時短が終了するので今後一年は時短後のことを考えて夫に出来ることを増やしたり、家事の合理化をすすめなければならないと思う。