読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

ジョイントマットは嫌だ!後日談

育児

ジャンピングマットを 購入してから1年程度経っていたので、振り返りつつ使用感などを述べたい。

ak0yk.hatenadiary.jp

結論としてはねんね期~あんよ初期にはとても有用だった。震災の漏水でやられてしまい、粗大ごみになってしまわれたので今は我が家にはない。一応防水とあったが、水でしみしみの畳の上に数週間放置をされるとカビの温床になるらしい…。

 

簡単にだが、メリットを述べたい。

 

①掃除がし易い

  • 抗菌・防水なので簡単に上から拭ける
  • 下を掃除するときも折りたたみなので畳んで立てかければOK
  • めんどくさいときはその上で離乳食もあげたりしていた

②おもちゃを打ち付けても平気

  • 厚みがあるので衝撃吸収
  • 座って遊んでてひっくり返っても痛くないのかあまり泣かず

③子どもにとってそのエリアが遊び場という認識に

  • 安全な場所という認識があったのかハイハイを始めてもそこからあまり出ず
  • おもちゃもそこからはみ出てることがなかった

④食われない

  • ジョイントマット=端を食うだが、厚みもあり重いので食べられない
  • 歯が生えてきて痒くなっても歯固めには使われませんでした

デメリットを述べるならば、色が鮮やかだったりするものが多いので、「THE子ども部屋」感が出やすい。けれども、私の選んだホワイトならばそこまで光沢もなかったので、ジョイントマットよりは自然な感じになった。折りたたんでしまえるので都合が悪い時には畳んで別室へ…。あー、マットがあるな-感はあるので一番のメリットはやっぱり掃除のしやすさなのかなー。

実はカビでやられなければ、一部屋子供用として用意していた部屋のマットとして利用する予定であった。ちょっとしたインテリアのアクセントにもなる。

 

今?ムスメは縦横無尽にいろいろな場所にレゴデュプロを起きまくって、たまに踏んで痛い。

自分でも踏んで足を指差しながら「いたいー」と言っている。