読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てとまったり暮らし

娘の斜頸・股関節脱臼通院記録と育児諸々

ムスメの「~っし!!!」という単語を理解したい親。

育児 生活 ベビーサイン

ムスメは言葉を覚えるときに語尾しか発音しない。

例えば、

「たのしい」→「~し!」

「うれしい」→「~し!」

「おいしい」→「ぉ~し!」

「いないないばあ」→「いなーいない…ばぁ!」

「うんち」→「~ち!」

「ちっち(おしっこ)」→「ちー」

「だっこ」→「っっこう!」

「あたま」→「あーま」

「おめめ」→「めめ」

「かた」→「~た」

「あおむし」→「~っし!!」

そう、ほとんどが「~し!」か「~っち!」なので何をしたいのかがいまいちわかりにくい。ムスメなりに差はあるのだろうが、私に判断がつかないのでイライラしていることも多い。(因みに夫はもっと分からなく、先日さんざん「~ち」と言っていたのに気が付かなく、お風呂でうんちをさせてしまった)

なんでだろうと暫く悩んでいたのだが、どうやら私たち夫婦が言葉の前の方をあまり大きな音で発音しないのと、口を大きく開けて発声をしていないことに理由がありそうだ。

また、夫が帰りが遅いので家では私のモソモソするひとりごとばかりをムスメは聞いている。そりゃあ、娘の言葉もモソモソしてくるだろう。

ずっと語尾しか言わないと、意思疎通ができなく困るので、解決をしようと、何かを喋ろうとしているムスメを観察することにした。すると、口元を一生懸命見ているのが分かる。その際に言葉の出始めが小さな口だと、子供は真似できずに音と口の動きの連動が取れないのではないのかと思った。

試しに、色を教えてみようと思い、青いブロックを指差し、顔を見えずに「あお」と言ってみると、「~あ」としか真似ができなかった。しかし、顔をしっかりと見て「あ」「お」とゆっくり大きな口で発音をすると真似ができた。

結局は簡単なことだったのだが、子どもへ話し掛けるときにははっきり、口を開けてしゃべらないと伝わらないし、学びにつながらないことがよくわかった。ムスメも恐らく意思が上手に伝わっていないことを理解していて、それがもどかしく、たまに地面に転がってみたり、床を泳いでみたりするのだろう。

本当ならベビーサインとかをフルに使って、私がムスメに全力で歩み寄るのは難しいので、娘にも歩み寄ってもらいながら娘の言葉を理解していきたいと思うこの頃である。

はらぺこあおむしとムスメ

育児

 

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

今日は有名なはらぺこあおむしについて。

保育参観にてはらぺこあおむしの絵本を音楽と一緒に読んでもらっているあいだ、娘がやけに気に入ってニコニコと見ていたので、後日はらぺこあおむしボードブックを購入した。

ボードブックは固く、丈夫なので雑に扱われたり、ページを引っ張ったりしても破れたりしないのがとても良い。まぁでも本を本来扱い方向の逆にめくってぼっこぼこになっているのだが…。最近は絵本のお話も分かるようになってきたのでストーリーがあるボードブックも徐々に買い求めていきたい。

ちなみにはらぺこあおむしは「ビックブック」もあり、図書館や園によって置いてある場合もある。この絵本は絵がとても綺麗なので見応えがある。

因みにはらぺこあおむしにはお歌も有り、娘はその歌も大好きだ。


はらぺこあおむし 動く絵本 うた スライドショー

 我が家は食後は「はらぺこあおむし」タイムで、娘から「~し!」とリクエストがはいり、動画を付けてあげるような流れをとっている。ちょうどこの動画が5分程度なので、この5分の間に私は慌てて食器を洗い上げる。

基本的には1~2回で終わりにしたいところなのだが、大体4回ぐらいは同じのを流せと催促される。1回めは歌を聞きながら体を揺らし、2回めは絵本を指差しながら楽しみ、3~4回目は他の遊びをしながら適当にこなしていく感じである。本人なりに工夫があるようだ。

正直、ここまで「はらぺこあおむし」を気に入るとは思っても居なかったのでびっくりした。これがハマるっていうことなのだろう。

【正直連れ歩くのがつらい】1歳半検診にいってきたよ。

育児 生活 先天性股関節脱臼

いやいや期に片足突っ込んでいる1歳半。

子供の性格にもよるのだろうが、娘はたまーにひっくり返って怒るのである。私はそれが面白いのだが、さすがにバスに乗ったりするときに「いや」と拒否されるのは辟易する。

私の地域の1歳半検診は僻地で行われるので、当日まではバスに乗っていこうと思っていた、だが朝目覚めて保育園に行けないと気が付いた娘はとっても機嫌が悪くなってしまい、二進も三進もいかなくなってしまった。よって泣く泣くタクシーを呼んだ。

そもそも1歳半検診って何をするんだろうー?と知識もあやふやに向かう私。

噂によると発達を見るとかなんだとか、今回は地震のこともあったのでその親のフォローも含まれていたように思える。流れとしては

  1. 積み木・お絵かき・指差し・言葉の確認
  2. 親の精神状態の確認
  3. 身体測定(身長・体重)
  4. 内診・股関節脱臼触診・歩様の確認
  5. 歯科検診(フッ素塗布と歯磨き指導)
  6. 栄養指導(おやつの量など)
  7. 生活指導(起きる時間寝る時間・お友達がいるかどうか)

どの項目でも「悩み事はありません!!」と答えると1時間半弱で終了した。受付の順番は最初から5~6番目だったが、帰るころには2番目にまで繰り上がっていたのでかなりはやーく終わったのであろう。

ちなみに股関節脱臼については定期的に整形外科へ通っているのでほぼスキップ、だが歩きも特に問題ないと言われた。また次行ったらレントゲンかなー?

まぁ、うちのわがまま娘がどの項目も完璧にこなしたわけではなく、できなそうなところは機嫌が悪くなる前に「できないっすね!」と親が開き直ってしまった。いやだってね、初めての場所で知らないおばちゃんにそんな芸を披露だなんてできないだろう…。そんな緊張や、母の焦りもそれなりに考慮してくれる感じ。良くも悪くもゆるい1歳半検診だった。

朝は自治体にもよるが、私は9時からだったので比較的機嫌のいい時間に終えることができてよかったが、13時ごろ開始の人は地獄を見たという。

私の1歳半検診の感想を述べるとすると、娘の発達に関してはほとんど保育園が面倒を見てくれた感じなので「どーぞご覧ください」程度の気楽なものだった。

お久しぶりです。と、子どもの怒り。

ひとりごと 育児

熊本地震のジタバタで引っ越したり、住宅修理関連のことで揉めたりしながら過ごしていたらあっという間に1ヶ月…、無事に職場復帰も果たし、忙しい日々を過ごしております。

私はストレスで朝になると蕁麻疹が出るようになってしまい、皮膚科に通う日々。蕁麻疹って中々良くならないのですね…。

 

このひと月の間に娘は「怒り」を覚え、少しでも気に入らないことがあるとひっくり返って怒ってみたりするようになった。自己主張も強くなり、ますます人間のよう。すっかり赤ちゃんから子どもに進化している。

おぼつかなかった歩様はしっかりし、少し走るような動作までみられ、さよならのときはハイタッチしてバイバイをする。保育園って刺激の塊なのだな……。

 

さて、娘が怒るようになったのだが、だいたい怒るときにはパターンがある。今、娘が主に怒るのはつまらなくなったり、構ってくれないときが多く、割と常に遊んでくれることを期待している感がある。他には食事が思い通りに行かず、暑かったり、スプーンで上手に食べれないと焦れる。

そんな娘は自分での食事を絶賛練習中であり、スパルタの保育園の先生たちのおかげで7~8割がた自分で食べれるようになった。スプーンで上手に掬って食べる。これは基の短い私が一人で教えてたらもっと時間が掛かったと思う。気に入らなくなるとひっくり返したりしてくれるが、まぁ、許容範囲であろう。まぁ、二人でならばご飯をあげるのもあまり苦にはならないので、ゆっくり気長に娘の食事に付き合っている。(しかし、1時間かかるときには流石に疲れる)

しかし、保育園は本当にありがたい場所であり、保育園と協力して子育てをしていると言っても過言ではないだろう。

 

1歳3ヶ月、離乳食からの卒業

育児

おひさしぶりです。

避難をしている最中ですが、1歳3ヶ月、無事に卒ミルク。

母乳のときから母乳に執着がなく、あっさり断乳をした娘だが、体重が伸び悩んでいたのでミルクをあっさりやめる事に対して私は抵抗感があったのだが、ほとんど用意できずにジタバタ避難して来た為に飲み物関係は飲みかけのミルク以外、何も持ってこなかったので徐々にミルクを少なくしてみる事にした。

ミルクを飲まなくなり、娘に何が起きたかというと

  • 食欲の倍増
  • おやつを食べなくなる
  • 夜寝なくなる

恐らく、卒ミルクの前後であんよが出来るようになり、毎日毎日歩ける量が増えた為に日に日に体力がついたのだろう。体力が増えたのでごはんの間にも疲れずに座っている事が出来、おやつを間に挟まなくても良くなったのだろう。

そして、離乳食ではなく、もうほとんど取り分けで、大人顔負けのものを食している。ちょっと味を薄くしたり、油を使わないようにしているぐらいである。食べる量は大人の3分の2ぐらい。自分で食べるかっていうとそれは半々で、すくってあげればスプーンを握って口に運ぶことと、コップ飲みはマスターした。

子どもの成長って凄まじいな。

1ヶ月前には立つのがやっとだったのに、今は好き勝手何処にでも歩いて行き、外に出たいだとかなんだかんだとかやりたい事が出来ないとわんわん喚く。表情は赤ちゃんからすっかりキッズになり、意思疎通も上手になった。言葉っぽいものも出て来た?

  • いただきます▶︎「いーだ!」
  • ごちそうさま▶︎「ーま!」
  • わんわん▶︎「わんわん」
  • にゃんにゃん▶︎「にゃんに」
  • おいしい▶︎「おいち」
  • おはな▶︎「おーな」

あ、ちなみにママとかパパはまだ…笑