子育てとまったり暮らし

3y+0y育児と股関節脱臼通院記録

第二子、いちご状血管腫の治療を始める

第一子は先天性股関節脱臼にて整形外科通い、

第二子はいちご状血管腫で皮膚科での治療、子どもができると病院ばかり通うようになります。

二人共保険証できたら速攻定期通院。ひえーと思いましたが、早期に診断を受けたほうが良いので行っています。また、家でうじうじしているよりは外を歩いたほうが気晴らしになるのでいいです。

 

 

いちご状血管腫って何?

乳児血管腫はどんな病気? | 乳児血管腫とは | 乳児血管腫(いちご状血管腫)の治療 | 患者さん・一般の皆さま | マルホ株式会社

要するに出来損ないの毛細血管が固まって膨らむといちご(腐りかけ)みたいな形になるからいちご状と呼ばれているみたいです。

特に痛くもないようなのでそっとしておいてもいいかなぁとも思いました。

 

ムスメの症状、状況は

場所は臀部下

出生時には無く、生後2日目にひっかいてしまったかな?と思っていたら、どんどん大きくなり、生後1ヶ月には四国みたいになりました。大きさは大人の親指ぐらいの大きさで少し盛りあがりがある感じです。

気になったので1ヶ月検診前に小児科へ行き、紹介状をもらってきました。

 

いちご状血管腫は自然になくなるので、治療をしなくてもいいのですが、なくなったあとにシミのように残ったりすることが多いそうです。

第二子の場合は

  • 臀部下で股間にかなり近いのでただれたりする可能性が高い
  • 盛り上がってきて腫れてしまうとおむつに当たる(コブ型)

ということで早期にレーザー治療を受けることになりました。(Vビーム治療)

盛り上がりが強いということで行ったその日にレーザーをしたのでとても痛かったと思います。けれど盛り上がってしまってただれるよりは断然良い。

レーザーが強すぎると水疱ができてしまうので弱めに期間を3ヶ月開けずに当て、まずは盛り上がりを抑え、盛り上がりが収まった時点で3ヶ月に1回に頻度を開けていく流れになりました。育休中に少し落ち着いてくれるとありがたいのですが。

 

今の状況

1回目のレーザーが終了、そのフォロー受診も終了したところです。

見た目はあまり変わらず、ヒリヒリも治まったみたいでおむつが干渉しても平気そうにしてます。次回のレーザーは来月、それまでに大きくなってきたりしたらいつでも来てくださいと言われているのでおむつ替えるたびに凝視してます。

もしかしたら写真とか撮っておいたほうがいいのかもしれない。

 

小さい子にレーザーってどうなの?

私の意見ですが、目立つところにあるのであれば小さい時の方(1歳未満)がいいです。レーザー時に体をおさえているその後の手当も小さい方がいいと思います。

 

2歳になると一度痛い思いをしたことは根強く覚えているので次にレーザーに行きたがらなくなります。待合室で号泣している年中位の子も何度もみてます。

痛みの程度としてはゴムで弾かれた程度ということですが、大人でも泣くことがある程度には痛いとのこと。麻酔のテープ(ペンレステープ)を渡されて家で貼ってきてからレーザーを受けるのですが、ちゃんくー(第一子)曰く、「いたいの」とのことなので緩和されるだけです。

そんな思いをしても完全に消えるかどうか不明ということなのでそれなら小さい方がいいかなぁと考えています。

ちゃんくーは肩にすごい濃い痣があり、そこを数回レーザーをし、ある程度、薄く目立たなくなったところでやめています。中学生ぐらいになったときに残っていて気になるのであれば今度は本人の意志で考えて通院するかを決めてもらおうと思ってます。